1対2の個別指導

完全1対2の個別指導

一日の生活イメージ

個別指導と言っても教室によって定義は異なります。

以下の場合も個別と言えば個別です。
 ・3人以上に順番に指導する。 指導する瞬間は個別ですから個別指導です。
 ・映像授業を見て分からなければ。 聞く瞬間は個別指導です。
 ・授業の最後は集団演習で分からなければ聞く。 前半だけで言えば個別指導です。

しかし、隣りに先生がいない時間帯はどうでしょうか?
 ・問題を解いている間に手が止まる。
 ・ぼーっとしている。
 ・疲れて寝ている。
 いずれも即座に先生が対応できませんよね。

当教室は・・・
 ・先生1人が生徒2人をずっと隣りで見守る。
 ・中学生以上は80分、小学生は60分ずっと隣りで見守る。
 そんな教室です。
 授業直後、授業のない日に無料で定着度の確認テストを受ける事もできます。
 その際の質問はOKです。

ただし、隣りに先生がずっといるからといって演習中に
 分からなければすぐに質問する。
 一問解くたびに合っているか聞いてくる。
 この時は「自分で最後まで頑張って解いてみよう」と励まします。

「教えてもらう」「問題を解く」を交互に繰り返すことで、わかったかどうかの確認を即座にできます。

 


いつからでもスタートできます
学期の途中からでも入塾できます。
どこからでもスタートできます
前の学年、単元が理解できていないようならば、復習から始めます。
生徒のレベルに合わせて指導します
難易度の違う教材を各種準備しています。学校の教材、持ち込み教材何でも対応します。
定期テスト前の対策もできます
受講している科目はもちろん、受講していない科目でも定期テスト前に追加で受講できます。
5教科のなかから選択できます
主要5教科のなかから希望する教科だけ受講できます。
入塾テストはありません
どんな点数でも大丈夫。基礎の基礎からでも丁寧に指導します。
宿題の量は調整します
生徒のレベル、部活状況などを考慮して宿題をだします。

生徒のやる気を引き出す指導

ほめて伸ばす長所伸展法

京進スクール・ワンは、学ぶことへのモチベーションアップが何よりも大切という考え方に基づき、やる気や元気を引き出すことを指導方針としています。

お子様の長所を発見し、ほめて励まし、小さな達成を大きな喜びとして共感し合える長所伸展法の指導を行って「わかる喜び」「できる自信」「考える楽しみ」を持ちながら、日々の学習に取り組めるように工夫しています。

「わからない」はその場で即解決

学校で授業中に質問できる生徒はおよそ3割(当社調べ)で、大半の生徒がわからないことを質問できずに放置しているのが現状。京進スクール・ワンでは「わからない」をその場で即解決し、質問できない生徒ゼロを実現します。

「わからなければ戻ってもう一度」を徹底

京進スクール・ワンは生徒の立場で丁寧に指導する先生ばかり。だから質問は「わかる」まで何度でもOK!「わからないところ」があれば、「わかる段階」まで戻って「すべて完全にわかる」まで徹底的に指導します。

だから「こんな質問をしたら恥ずかしい」などと思う必要はまったくありません。

追加授業で定期テスト対策も可能

定期テスト前に、必要な科目を必要な回数だけ追加授業することができるので、自宅で学習するよりも効率的で効果的な定期テスト対策が可能となります。

早めのテスト対策により、一夜漬けなど、本当の実力が身につかない勉強方法を行う必要がなくなります。